サリーの「ぽよよん日記」。飼い主の新年会と三本締めと指紋を無くした男。

— 広告 —

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


格差社会だそうです。

格差社会。

嫌な言葉ですね。

世の中は勝ち組と負け組に分かれているそうです。

負け組代表の飼い主としてはなんとかして欲しいのです。

妙に真面目なお話になってしまいましたが、世の中いつ自分が負け組かということを自覚させられるか分からないのです。

それで新年会です。

行きたくないのです。

父親が亡くなったという言い訳を考えました。

しかし、父親の葬儀の時に弔電を頂いていたことを思い出しました。

今度は育ての父親でして。。。。

ダメだろうな。

サリー大丈夫かな。

帰り、遅くなるんだよな。

久しぶりにスーツで出勤。

しかし、スーツ着て犬連れて歩くのは恥ずかしいのです。

すれ違う人はどう思っているのでしょう?

帰りが遅くなるので、

おやつをあげました。

ご機嫌取りに抱っこ。

まあしかし、仕方ありません。

新年会に向かいました。

会社の近くからバスに乗りました。

運賃220円。

220円を握りしめていたのです。

タクシー乗りたい。

格差社会なのです。

バスに乗り、駅に着いて地下鉄に乗りました。

目的地まで270円。

もう490円も使っているのです。

490円あったら牛丼の並盛りが食えたのです。

しかも味噌汁つき。

往復だったら2杯も食えたのである。

味噌汁、合計2杯。

今日は金曜日。

世の経営者は銀座とかでウハウハなんだろうなあああ。

格差社会。

駅に着きました。

今度はJRに乗り換えるのですが、1駅なので歩くことにしました。

電車賃がもったいない訳ではありません。

面倒なのです。

あれ?

そろそろ道に迷うと思っているでしょう?

大丈夫なのです。

今回は会社のトラックから地図を盗んで持ってきたのです。

地図を見ながらとぼとぼ歩いたのです。

そして無事到着したのです。

飼い主もやるときはやるのです。

で、新年会。

報告会があって立食パーティーに移りました。

挨拶。

もういいんだよ。

早く乾杯しようよ。

乾杯。

大体、こういう時の挨拶は長いのです。

披露宴の挨拶と同じくらい長いのです。

壇上にあがったどこかの会社の会長。

70?

80くらいかな。

背が高くて恰幅がいい。

来てるスーツも高そうで、眼鏡が、いわゆる「べっ甲フレーム」のオーダーでしょう。

こっちは、眼鏡市場で遠近両用レンズとセットで9,800円(税別)。

格差社会はここにもあったのです。

で、ようやく乾杯。

歓談が始まるのです。

しかし、飼い主は食べ物テーブルが気になるのです。

腹減った!

挨拶の最中から銀の皿に載ったローストビーフを注目してたのです。

「まず、ローストビーフ。次に、あれはなんだ?よくわからないが、肉みたいだぞ。」

「あれ?寿司はないの?」

「いいパーティーだと寿司あるだろう。」

「あと蕎麦とか。」

「なんだよ。蕎麦はない代わりに焼きそばかよ。」

挨拶の間中、心の中でこれからの自分の行動の計画を立てていたのです。

「ローストビーフ。牛丼より数倍高級じゃん。」

「片道、490円かけて来たかいがあった。」

「元は取れた!」

取れなかったのです。

取れるはずだったのです。

捕まってしまったのです。

挨拶をしたおじさん。

特注の「べっ甲」眼鏡の。

まったく興味のない話を延々とするのです。

飼い主は仕方なく頷くのです。

皆さんはどんどんローストビーフを食べ始めるのです。

ローストビーフ、どんどん無くなっていくのです。

「ローストビーフ。サリー大好きなんだよな。」

「タッパを持ってきて隙をみて詰めたかったなああ。」

で、ようやく「べっ甲」親父から解放された時には、食べ物はほとんど無くなっていました。

残っているのは、焼きそばとポテトサラダとちっちゃいケーキのみ。

仕方なく焼きそばとポテトサラダとちっちゃいケーキを食べました。

焼きそばって、縁日かここは。。。。

で、最後の〆です。

三本締め。

飼い主は何回やっても慣れないのです。

しかし、「べっ甲」親父。

うまいのです。

「三本締め。私、もう60年やっていますから。三本締めやらせたら日本で5本の指に入りますよ。」

と言いそうなのです。

「ほら見てください。三本締め、60年。」

「指紋が消えました。」

言いそうなのです。

ということで新年会は終わったのです。

会社にいるサリーが心配でそそくさと会場を後にしエレベーターに乗りました。
















「べっ甲」親父が乗ってきたのです。

「べっ甲」親父、携帯を出しました。

「ガラケーか。爺さんはスマホは無理だよな。。。はははは!」と心の中で叫んだのですが、爺さん(爺さんになっている)、、、、















「ああ私だ。今終わった、車頼む。」

ホテルの玄関に行くとハイヤーが待っていて、「べっ甲」ジジイが乗り込んだのです。

飼い主、マフラーをぐるぐる巻きにして駅までとぼとぼ歩いて帰ったのです。















「腹へった。。。牛丼でも食べて帰ろう。。。。」

格差社会なのです。

会社に戻ると、

サリーが出迎えてくれました。

まあ色々ありましたが、

サリーが居るからいいのです。

それで、家に帰りました。

会社に飼い主が居なかったので寂しかったのか。

疲れたのか、















飼い主の足を枕に寝ました。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

——-お知らせ——-

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


10 thoughts on “サリーの「ぽよよん日記」。飼い主の新年会と三本締めと指紋を無くした男。

    1. そうであった。
      3本締めであった。
      修正いたしました。
      ありがとうございます!

  1. はい~格差を感じますね~シクシク
    リタイアしてのんびり遊びたいと思っても働かないと駄目なのです。
    しかも仕事が在っても時給が、安いから~シクシク
    まだ~年金を貰える世代なのを喜ぶべきなのかな?
    次の世代は、70歳まで働かないと駄目なのですから~汗
    車の修理代でずっと働く事が、決定ですよ~汗

    サリーさん新年会の間は、会社でお留守番だったのですね~♪
    それでもパパさんが居ないと少し不安だったのですか~。
    一緒に帰ってグッスリですか~♪

    1. 先輩は来年定年で、年金支給まで延長で働くそうですが、給料は新卒並だそうです。
      悲しいです。
      飼い主がいないと寂しいみたいですよ。
      そうでなくちゃ。。。

  2. 確かに三本締めならぬ三三七拍子?❓
    盆姐の三三四は三本締め❓
    でも三三七拍子もなんか楽しそうだけど?
    ??? ??? ???????

    パパ帰ってきて安心してぴとっ?なサリーかわいすぎ☺️☺️☺️
    だからおいて出掛ける時に「ナゾの罪悪感??」なのよね?

    1. 三本締めでした。
      三本締め。
      しかし、一本締めの時と三本締めの時があって、あれはどう決めるのでしょう?
      帰り道は一直線。
      リードをグイグイ引っ張って走ってました。

  3. 格差、ありますよね〜
    イギリスは、生まれた時に、既に階級と言う格差があって
    これはどんなに努力してお金持ちになっても
    一生消えないですよ。

    サリーちゃん、ずっと会社でお留守番してたんですね!
    偉いなぁ〜
    気疲れして、お腹空かせて帰ると
    パパさんの戻りを待ち続けて
    めっちゃ喜んでくれる存在がいる
    これは格差とは無縁の、最高の宝物ですね〜

    1. イギリス、厳しいですね。
      日本も意味は違っても厳しい時代になってきました。
      留守番中、さとこさんが社内散歩兼おっしこをしてくれたようです。
      サリーの世話、慣れたようです。
      いいのでしょうか?

  4. 「べっ甲」親父?
    居そうで笑える〜!
    ローストビーフを横見に何を
    話したのか〜⁉️
    無事?に新年会も終わって
    サリーがお出迎えしてくれて
    一緒にお家に帰って?
    何より何より?

    1. なにを話したか?
      なーんも覚えていませーん!
      ローストビーフ食べたかった。。。。
      サリー、飼い主がそばにいないと寂しいのかな?
      めでたし、めでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください