サリーの飼い主の謎のメモ帳。。。

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


飼い主は、小さなメモ帳をいつも持ち歩いています。

ブログのお話のネタが思いつくと、すぐメモするのです。

メモしないとすぐ忘れてしまうのです。

買い物に行って面白いお話を思いついて、「これはいけるで!」と思い慌てて家に戻ってパソコンを立ち上げ、「さて作るぞ!」となっても、「あれ?なんだっけ?」となってしまうことがよくあるからです。

いかし、飼い主のおまぬけなところが思いついた内容を詳しく書かないことなのです。

ほんの少しだけをメモするのです。

例えば、「サリーの寝室→甲子園」とあります。

いったい、どいうお話なのかまったく思い出せないのです。

サリーの寝室です。

クローゼットです。

クローゼットの中が甲子園なのでしょうか?

とんと見当がつかないのです。

「ドラマ」という走り書きもありました。

「ドラマ」とメモした時は、またまた「いけるでこれは!」とほくそ笑んだはずなのです。

しかし、「ドラマ」だけでは、まったく想像もできません。

事程左様に飼い主はお間抜けなのです。

「なぜ、一人になると寂しいのか?」という走り書きがありました。

これはなんとなしに記憶があります。

サリーは、飼い主が短い間、買い物に行って帰ってきてもベッドの上でポツンと座っています。

たまに、壁を見つめている時もあります。

飼い主が横に腰掛けると、もう大喜びです。

身体をスリスリさせてきます。

先程、散歩に行ったばかりなのにです。

これが昨日のように長い留守番させると甘える度合いが半端ありません。

四六時中、飼い主が部屋の中にいるのか確認します。

サリー、寝ています。

起きます。

飼い主いるのか確認します。

飼い主はデスクに向かって仕事をしていると足元で寝ます。

飼い主の側でないと安心できないようです。

しかしですよ。

サリーは会社に行くと変わるのです。

飼い主のことはどうでもよくて、「さとこ」さん命になるのです。

そこで、「サリー研究家」の飼い主は考えました。

「なぜ、サリーは一人ぽっちになるのが嫌なのか?」

恐らく、小さいころのトラウマです。

サリーは、ペットショップで買われたのであります。

小学生のマミちゃんが、「この子欲しい!欲しい!」と親御さんにせがんだのであります。

娘を溺愛している父親の「健二」は「仕方ないなあああ」と言って決して安くはないお値段のサリーを購入したのであります。

しかし、しかしであります。

母親が問題なのでありました。

ああ、母親の「貞子」は(全国の貞子さん申し訳ありません!)大の犬嫌い。

いえ、動物という動物は全部嫌いなのでありました。

テレビで「動物の可愛い映像100連発!」のような番組を家族で見ていて、マミちゃんと健二さんが「可愛いね!」と言っても、「貞子」は、(本当に全国の貞子さん、申し訳ありません!)は心の中で、「け!こんな毛ぐるのどこが可愛いんじゃ!」と呟いているのであります。

そして、子供と父親がいないと時は、サリーに辛くあたるのであります。

まてよ。

当時、サリーはサリーという名前ではないので、「ぽよよん」にしましょう。

「貞子」は「ぽよよん」が尻尾を振って「貞子」の足元に駆け寄ってきも、「うるさい!」と言って蹴飛ばすのであります。

ああ!可哀想な「ぽよよん」。

そして、「ぽよよん」がわんわん吠えると、「えーい!うるさい!」とまた蹴るのであります。

あああ。哀れな「ぽよよん。」

かくして、「ぽよよん」は殆ど吠えなくなったのであります。

そして、マミちゃんと健二さんがいない昼間は、マミちゃんのベッドの上で、じっと壁を見つめるようになったのであります。

そして、マミちゃんが帰ると、哀れ吠えることをやめた「ぽよよん」は無言で、マミちゃんの身体に自分の身体をこすり付けて喜ぶのであります。

嬉しくても、吠えると怒られる「ぽよよん」は、吠える代わりに布団や毛布を噛み噛みするようになったのであります。

しかし、こんな哀れな「ぽよよん」ですが、昼間、唯一の見方ができたのであります。

それは、ご近所の「さとこ」さん。

「さとこ」さんはよく、昼間遊びにくるのであります。

「ぽよよん」にとってちょーラッキーなことに、「さとこ」さんは無類の動物好き。

犬も大好きであったのであります。

「ぽよよん」が恐る恐る近寄ると「あら!わんちゃん!可愛い!可愛い!」と抱っこしてくれるは、なでなでしてくれるのであります。

もう「さとこ」さんが来てくれないか。「今日はまだかな。」と「ぽよよん」は一日千秋の想いで待つようになったのであります。

そして、近所の「さとこ」さんがトイレに行ったりしたら、帰ってしまったのか心配で心配でそれはもうじっとしていられないのであります。

以上、これが現在のサリーが、いかにして吠えないのか、嬉しいと布団を噛み噛みするのかについての一考察えあります。

ご静聴ありがとうございました。。。。

と、「サリーはなぜ一人になると寂しいのか」。

メモの走り書きからの想像の産物でございます。

まあ、よく適当に考えるものです。

まあ、それで、雨だけど散歩に行こうと思いました。

でも相変わらず、ハーネスを付けようとすると、いつもの布団噛み噛みが始まりました。

またか。。。。

ハーネス付けるの何回か挑戦しましたが、いずれも拒否。

とにかく噛み噛み。

仕方ないので、隣に座って本を読みました。

どんなに待っても噛み噛みが終わらないので、ちょっかいを出してみました。





















最後に、この状態で動かなくなりました。

新しい嬉しさの表現なのでしょうか?

そして最後にメモ帳に、「怪盗猫だまし!」とありました。

怪盗猫だまし!

ずーと思い出そうしているのですが、どうしても思い出せません。

怪盗猫だまし!

きっと面白いお話だと思います。

思い出したら、またお伝えいたします。


















ぷーママさんからのプレゼントでした。

おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの飼い主の謎のメモ帳。。。」への12件のフィードバック

  1. 想像力が、本当に豊かですね〜(*^▽^*)
    思わず読み入ってしまいましたよ。
    ふ〜ん、そうだったんだ〜
    って、想像かいな〜!

    1. すいません。
      でも、そうなんじゃないかなと。
      吠えなし、嬉しいと布団噛み噛み。
      そう思いません?
      違うか。。。。

  2. サリぽん、ヘソ天で「もうどうにでもしてください」になっちゃったんですね!
    なーんと可愛い!!
    怪盗猫だまし、ですか。
    侵入社員をまんまと騙し、見習い社員がご飯をぺろりと頂戴したっていうお話?
    主様の尊敬すべき想像力に期待してます!!

    1. ヘソ天で「もうどうにでもしてください」。
      あれ?
      どうしたんだ!と慌てて触りましたが、なんか気持ちいいポジションみたいででした。
      侵入社員を騙す。
      いいですね。
      でも、見習い社員は侵入社員にバカにされているので。
      だから騙して猫のカリカリを奪う?

  3. ぽよよん〜😭😭
    かわいそうに〜😭😭
    仮のお話でも、なにやら悲しい〜😭😭
    やはり家族で飼うとなると、お母さんが要ですよねー。。
    でもやはり、その子のこれからを全て受け入れられる心構えと環境が一番大事ですね。衝動はいけません🙅💦
    しかし、一行の言葉からここまでのストーリーが思い返せるってすごい👏👏
    怪盗猫だまし!も楽しみに待っとりますよ〜👍✨✨

    1. 想像といえど、書いていて悲しくなりました。
      とにかく散歩はごはんを頂戴だし、会社では社員がいて興奮するし、家では飼い主がいるかいつも確認するし。
      ここにいるんだから安心しなさいでも、安心しないのですね。。。。
      心配性のサリーです。

    2. そうですよね。
      動物を飼うのには家族の同意。
      なにより、動物大好きでないと。
      でも、飼い主の母は、動物嫌いでしたが、飼い主が小さい猫(ちびこ)を拾ってきたら、「私は動物嫌いなの!」と言いました。
      あのー、くろ(先住猫)いるじゃん。(テレビの上で寝ている)と言うと、「。。。。。」
      結局、手作りの餌を作って「おいしいかい」とやってました。
      本当は「ちびこ」ではなく他の名前をつけたかったのですが、母が「ちびこ。ちびこ」なので、「ちびこ」しか反応しなくなりました。
      ああああ。。。。

  4. こんばんは。
    色々のメモから話を作る才能は、凄いですね~(笑)
    ワンコを飼うのは、家族みんなの同意が必要ですね。
    怪盗猫だましは、なるみなみさんが書いていますね~(笑)

  5. ネタ……
    大変だと思う、凄いと思う✨
    いつも笑いを拡散してくれて
    ありがとう〜でござる🐒

    サリー😍
    いじってると嬉しくなって
    静止?面白い子なのだー!

    唐草バンダナ
    何かのネタになるかな?と
    思ったのだけど。。。😁

    1. 飼い主は、いつも和服で書斎にこもり、頭を猛烈にかきむしりブログのお話を考えているのです。
      人々は飼い主の渾身の作品を評価してくれないのです。。。。
      嘘でーす。
      頂いたプレゼントありがとうございます。
      どうやって使おうかなとずーっと考えていました。。。
      まさかこんな!
      でございまして、許して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA