サリーの飼い主の痛院日記。サリーに会いたい!

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

— 広告 —


早朝です。

まだ寝ているサリーを起こして、散歩に行きました。

家に戻り、カリカリを食べないサリーに、おやつをあげました。

そして、なでなで。

いつもより、とても優しく。

「サリー。ごめんね。今日もお留守番ね。」

サリーは意味がわからず、キョトンとしています。

病院に行かなくてはいけないのです。

MRIを撮るのです。

実は、ここ2週間、足が痛いのです。

少々ですが、歩くのが辛いのです。

「足が痛くてよ。歩くの大変なんだよ」と言うと、社長が無言で自分の車から杖を持ってきました。

「使ってください。」

なぜ社長が杖を持っているのでしょう?

杖をつくほどではないのですが、ついてことがないので、「まあこれも一興。」

ありがたく貸してもらいました。

それで、会社の近くの整形外科に行きました。

レントゲンを撮りました。

特に異常はないそうです。

それで、後日、別の施設でMRIを撮ることになったのです。

着替えて、あの機械へ。

20分、動いてはいけないそうです。

大丈夫か?

耐えられるか?

飼い主は閉所恐怖症なんです。

狭いところが怖いのです。

仕方がないので、目をつぶって、サリーが我が家に来たころからのサリー話を思い出しました。

サリーが来た日、あいつボーットしてたな。

ここはどこなんだろう?

仮ママさんはどこへ行ったんだろう?

また、捨てられたんだろうか?

とか思ってたんだろうな。

なんだか涙が出そうになりました。

そんなことを思い出していると、とんでもないことが起こったのです。




顔がかゆいのです。

かきたいのです。

でも出来ないのです。

かゆいのに、かけないほど辛いことはありません。

まあ何とか我慢して終わりました。

不思議なことに、かゆみは全然ありません。

そして、整形外科へ。

先生に色々説明していただきましたが、おまぬけな飼い主はよくわかりません。

どうも腰の骨の一部が細くなっているそうです。

すると先生、「そこのベッドに横になって。」

ベッドに横になりました。

女性の看護師さんが、「じゃあ、点滴しますね。」

点滴?

仕方ありません。

ちゃんと直さないとこれからのサリーとの生活に支障が生じます。

点滴の間、きさくな先生が、「ちゃんと食べてるの?」

「最近は殆ど外食で。」

「ダメだよ。奥さんは料理してくれないの?」

「私、独り者で。」

「そうなの。でも経営者だから外に何人もいるでしょう。女が。」

「いませんよ。独り者ですが、犬がいます。あ。でもオスだ。」

これが受けてしまったのです。

看護師さんも笑いました。

お調子者の飼い主は、自分のおかれた状況も忘れ、おばかなお話をしました。

すると、看護師さんが、「それでは注射しますね。」

注射?

聞いてないよ。

「うつ伏せになってください。そしてズボンをおろして。」

「はああああああああああ?」

お尻に注射するそうです。

えらいことになってしまったのです。

足が痛いことから、お尻に注射されるのです。

もう意味がわかりません。

飼い主は、ベッドの上でお尻を出しているのです。

お尻に注射されました。

ふらつかもしれないので、しばらく、ベッドに寝ていなくてはいけないそうです。

点滴は続きます。

飼い主、ボー然として寝ています。

心配した看護師さんが、「大丈夫?」

飼い主、ボー然としながら、








「犬に会いたい。。。。」

優しい看護師さんが、「ワンコちゃんの犬種はなんなの?」

「トイプードル。」

「捨て犬で、毛がぼうぼうで放浪していて捕まったんです。」

いいおじさんが、ショックでボー然として、「犬に会いたい。」と泣きごとをいうのです。

恐らく、先生も看護師さんも初めての経験でしょう。

いいのです。こちらも初めての経験です。

しばらくすると看護師さんが、「では、座薬しますね」

座薬?

「え!」

「痛み止めです。」

「痛くていいです。痛くてもいいです。一生痛みと共に生きていきます。」

聞き入れていただけませんでした。

ボー然にボー然が重なりました。

ボー然の2乗です。

ボー然+ボー然=思考停止

いえ、ここに点滴が加わるのです。

ボー然+ボー然+ボー然=現実逃避

飼い主、天井を見上げてなぜか、「宇宙人になりたい」と思いました。

心配した看護師さんが、「ワンちゃんの名前はなんというの?」

現実に引き戻そうするのです。

「サリー」

「可愛い名前ね。」

「サリーに会いたい。サリーに会いたい。」

現実に戻ったのです。

「寂しがり屋でね。捨て犬だから、いつも誰かいないと心配なんですよ。トイレに行ってもついて来て、チラッと覗いて安心して戻るんですよ。」

「そうなの。また捨てられるんじゃないかと思っているのかもしれませんね。」

え!

そうか。そうだよ。

捨てられるかもしれないといつも思っているのか!

なにをいまさらそんな事に気が付いたのだろう?

それで30分。

「ゆっくり立ち上がりましょう。」

立ち上がりました。

すこしふらつきました。

看護師さんに手をとってもらい、待合室の椅子に座り1時間過ごしました。

先生が来て、「立ってみて。」

立ちました。

「歩いてみて。」

嘘のように痛みが消えました。

歩けます。

「大丈夫だね。問題ないね。」

痛み止めのお薬をいただき、お会計を済ませて、帰りました。

「おお!歩ける。歩ける。」

もうルンルンです。

そうそう、痛み止めのお薬を頂くとき、とても大切なことが心配でした。

人生最大の質問だと言っても過言ではありません。








「お酒飲んでも大丈夫ですか?」

先生、目がテンになってました。

先ほどまで犬に会いたいと泣いていたおじさんです。

先生、呆れたように、「問題ないよ。」

やったぜ!

歩行、全然問題ありません。

学校から帰る小学生達がいました。

「君たちもこれから、苦しい時、悲しい時もあるだろうが、大丈夫だよ。」








「お尻に注射して、座薬をすれば、全ては解決すんだよ。」

「あきらめるな、負けないで、夢をあきらめるなじゃないんだ。お尻に注射と座薬なんだよ。」

”辛いときもあるけど、負けないで、夢あきらめないで、明日をみよう、きっといいことがある。だって君にはお尻の注射と座薬が待っている!♪”

なのです。

そんなおバカなことを考えながら、家に帰りました。

サリーは、きっとベッドの上で、「この世の終わり」の表情でポつんと座っていることでしょう。

それで、そーっと覗くと、








布団を咥えて寝ていました。

流石に長時間のお留守番ですから眠たくなるでしょう。

それで、飼い主、そーっと近かずき、サリーを撫でました。

もうサリー、大興奮。

我が家に来てから最大の興奮です。

その興奮は収まりません。

スリーピング・ちょうだい・ちょうだい®×100です。

仕方ないので、飼い主ベッドの上に座り、サリーのやりたい放題を見ていました。

そして、サリー、ハーハーしながら飼い主を見つめます。

それで、飼い主、興奮している愛犬に、
















「散歩行くぞ!」








そんなことで、杖もつかず、元気に散歩に行きました。








おしまい。

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきtます。
https://www.facebook.com/salliethewan

■サリーのインスタグラム
https://www.instagram.com/salliethewan/

■みなさまにお願い
下のアイコンをクリックしてね! ランキング上位に上がる事で、このブログが少しでも多くの人に認知され、元捨て犬、捨て猫たちに貢献できたらと思ってます。

— 広告 —


サリーの飼い主の痛院日記。サリーに会いたい!」への33件のフィードバック

  1. 足腰は、大事ですね!
    MRIは、まだ経験して無いですよ。
    わんこに逢いたいとぼやいてる人がお酒飲んで大丈夫と~(笑)
    痛くなくなってルンルンでも無理しないでくださいね。
    パパさんが、分離不安なのですね~汗

  2. なんと!サリパパ足が痛かったんですか😨
    ヘルニアなんですかねー?
    MRIに点滴に、お尻に注射💉。トドメに坐薬😂
    良くなって良かったです😊
    さりぽんは、毛布カミカミしながら待ちくたびれたんかな?かわいい寝顔💕
    一人になると、不安になるのね😢トラウマはなかなか消えないね。サリパパの愛情で、ゆっくり解消できますように☺️

    1. ヘルニアではございません。
      いやー大変でした。
      病院に行って良かったです。
      でも、辛いし、恥ずかしいし。

      1. 大丈夫〜🙆
        医師や看護師は慣れてるから、こちらはモジモジしてても、全く気にならないようですよ😊👍✨
        どうぞお大事になさって下さい☺️

  3. 体調すぐれないのかなぁ~って、何となく思ってました。やっぱり😞
    ワンコ🐕の幸せ🍀は飼い主の健康💪に有り。ですから、これからもムリしないでくださいね。

    1. あれ、なんで分かるのでしょう?
      いつも無理していないんですが。。
      まあ、なんとか回復しました。

  4. ひとまず安心良かった✨
    密かに心配してましたよ〜
    ぽよよんコンビ見張りもとい
    見守り隊は痛風だと(笑)

    検査して💉にお尻に💊
    看護婦さんのプロっぷりと
    飼い主さんのお惚けぶりに
    わはは〜

    サリーに会いたい…
    サリーも早く会いたい…
    ぽよよよーん💓

    うちの旦那さんもヘルニア持ち
    過去数回寝たきりになってます
    こり男が来てから無いな?😳
    無理するとぶり返すみたい
    なので気をつけて〜

    ああ、痛いの治って良かった!

    1. ヘルニアなんんですか。
      大変ですね。
      飼い主はヘルニアではないんです。
      なんとか歩けるようになりました。
      歩けるっていいなと改めて感じました。

  5. 最近どうしたのかしら?とは思ってましたが、体調が悪かったんですね。
    ヘルニアか何かでしょうか…。
    MRI は、毎年のように受けてますけど、何度やっても嫌ですね。
    私も狭い所はダメです。
    あと、音もうるさいし。

    サリーちゃん、頑張ってお留守番しましたね。
    ほんと、偉かったです。
    不安で仕方なかったでしょうね〜。
    でも、飼い主さんがちゃんと帰って来たから、きっと「この飼い主さんは僕を捨てない!」って思ってくれたんじゃないかな。
    飼い主さんの深い愛情で、少しずつトラウマが消えていくといいですね。

    飼い主さん、悪化するといけないですから、しっかり休んで下さいね。
    お大事にして下さい。

    1. ヘルニアではないんですよ。
      MRIはすごい音がであすね。
      ヘッドホンをさせられました。
      二度と入りたくないです。
      サリーは昨日から飼い主から離れません。

  6. 良くなってよかったです。
    でも痛み止めが効いてるだけなら、無理しないでください~
    具合がよくなったら腹筋を鍛えましょう(^^)v
    お弁当を届けてくれたりする業者は、ないのですか?
    栄養つけてくださいね。

    サリーちゃん、お留守番がんばりましたね(^_^)/

    1. なんとか歩けるようになったのです。
      外食OKです。。
      自炊もやります。

  7. サリーに会いたいってとこでなんかうるっ💧
    おちりに💉だけでもギョギョギョっ😱なのに座薬💊まで😂
    でもやっぱり「おちり」が効くのです😉✌️
    何はともあれ痛みが取れて本当によかった😭👍💕
    愛しいサリぽんのためにもどうぞどうぞご自愛くださいね✨

    1. どうもありがとうございます。
      サリーは飼い主から離れません。
      これはこれで、困るのですが。。。

  8. ここしばらく、散歩に行かないとか、動物虐待とか成敗とか、何事かと心配してましたよ〜😢
    足ですか…歩くのも大変だったのですね💧

    サリーさんもさぞ心配だったでしょうに。
    ひとまず痛みは治まってても、決して無理しないでください❗️
    完治がご本人はもちろん、ひいてはサリーさんのためですよ〜☺️

    あー、サリーの散歩係に行きたい😊

    1. ご心配おかけしました。
      えらい目にあいました。
      健康に気をつけないと。。

  9. 分かります❗同じです🙋
    痛い時、辛い時😓ワンコ🐶を思い浮かべますよね😆
    先日も歯医者さんで治療中『ひなた🐶に会いたい』って心の中で叫びました😭

    痛み再発しないことを願ってます🍀
    ストレッチはどうでしょう⁉

    サリーちゃんにはパパさんが必要で、パパさんにはサリーちゃんが必要😉💕
    サリーちゃんの為にも健康で❗お願いします😆

    それにしても…整形外科での様子、笑いました😂

    1. 不思議です。
      普段は、サリーに会いたいと思ったことないのに。
      っていつも一緒か。。
      整形外科のお話は実録です。
      お恥ずかしい。。。

  10. 閉所恐怖や恥ずかしい体験がありながらでも 痛みの原因が判明してよかったですね😊

    「元気があれば何でもできる💪🏻」 ←時には鼻で笑ったりしていましたが 歳を重ねる毎に痛感しますし ねーねーなんぞ切実です😱

    サリーちゃんの為にも 主様自身を大切にして下さいませ🍀

    と 言いながらも 今朝のブログは爆笑ものでした🤣🤣🤣
    申し訳ございません🙇🏻

    1. 突然、点滴、お尻に注射、座薬ですよ。心の準備ができていません。
      まいりました。。。

  11. 色々な体験をされたようですが、回復されてなによりです😄
    分離不安の犬と飼い主…いいコンビですね💕

    動いちゃいけない時に顔が痒くなるのわかります。
    美容院でシャンプーされている時に「痒いところはありませんか〜❓」って聞かれますけど、顔が痒いんだよ、顔が‼️と言いたくなる時あります。
    見栄はりA型の私は「大丈夫です」とか言って、ついつい我慢しちゃいますけどね💦

    寝てるサリぽん可愛い💕💕

    1. ありがとうございます。
      こういう体験は避けたいです。
      飼い主も床屋さんでかゆいところありませんか?と訊かれると、ありませんと言います。
      そして、かゆいところをそっと動かします。

  12. 苦しんでいらっしゃる所申し訳ありませんが
    🙇笑っちゃいました😆😁
    閉所恐怖症のMRI検査は、地獄ですね〜
    私も何度か経験ありますが、悪い事ばかり考えてしまい泣きそうになります😢

    そういえば、ピクニックの時も腰が痛いと仰ってましたね。
    食事も関係あるのでしょうか?
    お肉、野菜、(タンパク質が大事らしいですよ)を沢山摂って、サリーくんの為にもお身体大切にして下さいね。

    1. MRIは5分くらいで終わると思っていたのですが、20分!
      思わず逃げ出そうかと思いました。
      病院の注射も、全て予測いていないことばかりです。
      人間、予測していなことが起こると、ボー然としますね。

  13. 注射に座薬!からの➰点滴!
    フルコースですね!
    痛みが無くなって良かったですね。
    サリーの心の傷は深そうですが飼い主様の愛で治してあげて下さい❗

    1. 昨日から、全然離れません。
      クローゼットの中で寝ているのに、トイレに行くと飛び出してきます。

  14. 飼い主さま、体調崩していたのですね~
    MRIまでしたのですか、でも何でもなかったようでほんと良かった♪
    病気になってから健康な事が有りがたく感じられますもんね♪

    社長さん、飼い主さまの足が悪いのをいち早く気付いていて杖を用意してくれたのではないでしょうか⤴…❔

    1. 腰の骨の一部が削れたように細くなっているそうです。
      でも、薬も飲んでいるし、痛みもなく、歩けるようになりました。
      社長の杖ですが、以前、足を痛めて、買ったそうです。

  15. 飼い主さ〜〜ん、本当に大丈夫ですか?
    具合わるかったんですね…、気になっていました。どうぞお大事になさってください
    お尻の注射と点滴で一時的に痛みが引いているだけかもですよ〜。無理しないようにサリーちゃんのためにも十分に養生してくださいね。🍵
    お酒本当に大丈夫なのかしら…?ビール飲み過ぎの痛風とは違います??

    1. 本当ですね。
      飼い主がダウンすると、サリーはどうなるのでしょう。
      健康に気を付けないと。。。
      痛風。
      怖いので、ビールは少ししか飲んでいませんよ。
      友人たちも気を付けているようです。

  16. 回復なされて、本当によかったです。
    自分ひとりだけの身体ではないことを、思わされますね。
    ちなみに、私は脳ドックで、頭のCT,MRI検査で、寝てしまった事があります。
    おかげさま?で、結果問題無しでしたが

    1. 本当ですね。
      一人ではないので。。。
      CT,MRI検査で寝てしまうとは。
      大物ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA