月別アーカイブ: 2016年2月

サリーとグダグダ日曜日

昨日は、日曜日でした。

どうも、飼い主は、日曜は朝からダラダラしてしまいます。

サリーも飼い主に付き合って、ダラダラします。

飼い主、目が覚めて、トイレに行きます。

サリーも、ついて来ます。

トイレをチラと覗いて、もどります。

飼い主、コタツに入ります。

サリーも、コタツに入ります。

飼い主、お茶を飲みながら、新聞を読みます。

サリー、コタツに入ったままです。

しばらくすると、サリー、こたつから頭をだして、飼い主がいるかチェックします。

いることがわかると、コタツから出てきて、大きくあくびをし、こたつのまわりを一周して、再び、こたつに入ります。

これを、何回も、何回もします。

しかも、こたつに入る「入口」が決まっています。

飼い主が座っている、左側です。

左側のこたつふとんを「めくって」あげると、入ります。

右側を「めくって」も入りません。

意味がわかりません。

その後、飼い主は、ウトウトします。

ダラダラからウトウトに移ります。

ウトウトが進むと、自然にからだが、沈んできて、本格的なウトウト状態になります。

寝てしまいます。

コタツで寝ると、必ず変な夢を見ます。

変な夢で目が冷めます。

理由はわかりません。

でも、変な夢をみて目が覚めると、サリーがかならず、こたつの中でおおきな「いびき」をかいています。

犬が「いびき」をかくと、飼い主が変な夢をみるのでしょうか?

誰か、研究してくれないでしょうか?

それで、グダグダしながら、過ごします。

しかし、今日は、「ダラダラ」、「ウトウト」、「グダグダ」しかありません。

こういう日は、「ウトウト、ダラダラ、ランランラン♪」と鼻歌をうたいながら、買い物に行きたいです。

誰か、このあとに続く詩を作ってくれないでしょうか?

それで、暗くなります。

行きたくないのですが、サリーを散歩に連れていきます。

それで、思い出しました。

サリーは、散歩に行くとわかると、嬉しくて毛布を噛むとお伝えしました。

そして、帰ってくると、また、嬉しくて、毛布を噛むともお伝えしました。

その姿を見ると、飼い主もいっていの「達成感」を得ることができます。

ところが先日です。

サリーを連れて、散歩に行きました。

外にでた時、忘れ物に気が付きました。

仕方なく、戻りました。

部屋に戻ると、サリーは、早速、毛布を噛んで喜びました。

飼い主は、意味がわかりませんでした。

サリーにとって、散歩とは、外に出ることができた。

ということなのかもしれません。

それで、暗くなって、散歩に行きました。

160229a

近所の公園です。

戻りました。

これから、大変な時間をすごさなければいけません。

何が?

サリーが、じゃまなのです。

とりあえず、サリーのごはんを作りました。

カリカリをあまり、食べなくなってきているので、豚肉と人参を茹でたものを差し上げました。

喜んでお食べになりました。

これから、飼い主の夕食の作成です。

これら、大変です。

「もっとだしなさい!」と、サリーが足元から離れないのです。

160229b

それで、この問題を解決する方法があります。

サリーを抱っこして、作っているものを見せます。

すると、納得して、こたつに入ります。

一瞬で、「焼き魚」、「煮物」、「味噌汁」。。。

自分の食べ物ではない。

と判断するのです。

それとも、「まずそう」と判断しているのかもしれません。

それで、いちばん、面倒くさい作業に入ります。

掃除機です。

掃除機をかけると、サリーは異常に興奮します。












面倒な犬です。

それで、貢物ですが。












160229c

おでんにしました。

それでは、今日の教祖様からのありがたいお言葉です。












160229d

 

——-お知らせ——-

サリーがフェースブックに参加しました。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきます。

https://www.facebook.com/salliethewan

 

......

サリーの可愛いブログ

業務連絡です。

サリーがフェースブックに参加しました。

更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきます。

ぜひ、「いいね」をクリックお願いします。

https://www.facebook.com/salliethewan

以上、業務連絡でした。

さて。

飼い主は、会社に行くとき、ジーンズにセーターだとお伝えしました。

でも、たまにスーツで行くときがあります。

この時が、なんと言いますか。。。

「恥ずかしい」のです。

なぜかって?

あのー。

朝です。

大勢のサラリーマンやOLの方が駅から、職場に向かっています。

私も、スーツを着て、職場に向かいます。

犬を連れて。。。。

スーツを着て、左手にかばんを持って、右手にリードを握っています。

右手にステッキなんか持っていたら、「かっこいい」と思います。

え?

今時、ステッキなんか持つ人いない?

そうそう。もともと、サリーを会社に連れて行くときに、飼い主にはひとつの夢がありました。

和服で行きたかったのです。

歳は80くらいで、白髪。

和服を着て、愛犬を連れて会社に行く。

「かっこいい」ではありませんか。

それで、飼い主が現れると、社員は全員、起立です。

飼い主は、無言で軽く挨拶して、自室に入るのです。

デスクは、そうですね、木製の大きなもので、壁にはなにやら、難しい漢字の額があって、ダルマなんかもあったら、いいかもしれません。

そして、犬は、飼い主の膝の上に乗って、くつろぐのです。

今日のスケジュールは「午後から、経団連会長と会食」なんてことだったら、更にいいかもしれません。

しかし、現実は、飼い主は80ではありません。

80になるには、かなり時間がかります。

会社に行っても、運送会社は朝が早いので、ほとんどの社員はいません。

残っている社員も忙しいので、だれも起立してくれません。

もっとも、フォークリフトを運転している社員が、起立すると、あぶないです。

自室もありません。

難しい漢字の額もありません。

貼ってあるのは、「全国交通安全運動実施中」のポスターです。

でも、ダルマはあります。

160228a

サリーのおもちゃです。

なかから、おやつができてきます。

ダルマがあってよかったです。

今日のスケジュールは、「経団連」ではなく、「トラック協会の会合」でした。

なんとか、「軽トラック団体連合会」とかに名前を変えていただけないでしょうか?




「軽団連」

それで、なんの話でしたっけ?

そうです、スーツで出勤するときに、サリーを連れている話でした。

これが、恥ずかしいのです。

ジロジロ見られます。

それはそうでしょう。

スーツ着て、犬連れているんですから。

いったい、何故、この人は犬を連れているのだろうか?

と思われていると思います。

私だったら、「奥さんに逃げられて」と、まず思います。

「逃げられて。仕方なしに、犬の散歩を。。。」

では、なぜスーツ姿?

うーん。

その後が続きません。

盲導犬は、外出するとき、黄色でしたっけ?ベストを着ています。

出勤する犬にも、「ぐんじょういろ」のベストを着せてくれないでしょうか?

「出勤中」と書いてあると、更によろしいのですが。

盲導犬で笑いをとってはいけません。

ということで、今日のバカ話はこれで、おしまいです。

それで、本題です。

自分で書いていてなんなんですが、どうも、このブログで、サリーはあまり、いい子に書かれていないような気がします。

可愛いサリーとも書かれていないような気がします。

本当は、頭がいいサリーとも、書かれていないような気がします。

飼い主はここで、強く訴えたい。

サリーは、いい子です。

サリーは、可愛いです。

サリーは、頭がいいです。

かつての山一証券の社長が涙ながらに訴えたように、飼い主は訴えます。

「みんな、(ブログを作っている)私が悪いんです。社員(サリー)は悪くありませんから!」

さりーが、来てから、犬のブログをたまに見ます。

みなさん、トリミングもしっかりして、可愛い服を着せています。

こちらは、トリミングは3ヶ月に1回です。

小熊状態になっても、ほっておきます。

服もどちらかと言えば、「うけねらい」で買います。

しかも、セールの時だけです。

ブログの内容もおバカです。

ですから、今回はサリーが、いかに頭がいいか、可愛いかをお伝えします。

以前にもお伝えしましたが、サリーは、エレベーターを降りると、一目散に部屋の前まで走ります。

そして、ドアの前でピタリと止まります。

頭がいいのです。





3回に1回、行き過ぎて、突き当りまで行くときがあります。

そして、慌てて戻ってきて、尻尾を振って、おとなりのドアの前でドアが開くのを待っています。

頭はいいのです。

3回に1回は。。。

飼い主が、こたつに入り、寝転がっていて、ふと横を見ると、サリーがいます。

160228b

こんな可愛い顔をして飼い主を見ています。

普段、横を見ると、





160228c

たまに、可愛いいのです。

眠たいのに、飼い主の横で、けなげに起きているときがあります。






「おやつ」が欲しいのに、飼い主がくれないので、意地でも寝ないで頑張っているのです。

そして、「おやつ」をもらうと、満足して、寝ます。

「頂戴、頂戴」のスリーピングバージョンをしながら満足して寝ます。

160228d

まあ、面白い犬であることは、確かなようです。

それは、教祖様の「ありがたーい」お言葉です。
















160228e

 

 

......

サリーどうした!(Part 4)

一体、どうしちゃったんだろう、サリーです。

今日も、一緒に出勤しました。

考えてみれば、サリーは、月曜から土曜まで出勤します。

たまに、日曜も出勤します。

「月月火水木金金」です。

知らない人はネットで検索してね。

「たんたん」と会社に向かいます。

「たんたん」と仕事(ケージのなかで大人しくする)をします。

夕方になると、「たんたん」と家に帰ります。

まるで、黒澤明の「生きる」の志村喬演じる公務員のようです。

知らない人はネットで検索してね。

「たんたん」と仕事場へ行き、「たんたん」と仕事をこなし、「たんたん」と帰宅する。

一日を「たんたん」と過ごす人は、お昼に食べるのも、「たんたん麺」です。

はい。そのとおりです。

この「おやじギャグ」をやりたかっただけです。

サリーは、出勤するのか、近所を散歩に行くのか、はたまた、飼い主がサリーを置いて買い物に行くのか、すっかりわかるようになりました。

どうやって、見分ける?のかと言えば、おそらく飼い主の服装で見分けるのだと思います。

近所の散歩の時は、飼い主はスエットにダウンです。

スエットといっても、ブランド品です。

ばかにしないでください。

たしか、「ユニ」で始まるブランドだと思います。

それでスエットにダウンの場合は、「ああ、近所の散歩ね。」

とわかるようです。

ですから、すぐ公園に自ら行きます。

喜び方も「中」です。

もどって来ても、嬉しかった、の喜び方法の「毛布噛み噛み」も「中」です。

飼い主が近所に買い物に行くときは、飼い主がボロい、ズタ袋(死語?)を肩から掛けていきます。

それで、「ああ、買い物ね。すぐに帰ってくるのね」。

それで、そのあいだ、必ず、イタズラをしています。

以前は、「おやつ」の袋を咥えて、ベッドの上で食い散らかしました。

最近は、飼い主は、でかける前に部屋のなかをチェックしてから、買い物にいきます。

先日は、帰ると部屋のなかで、音楽がなっていました。

「誰かいるのか!」

と、ビクビクして部屋に入ると、CDが鳴っていました。

サリーが、こたつの上に乗って暴れ、リモコンを偶然に押したようです。

もしかしたら、自分で音楽が聴きたくて、押したのかもしれません。

偶然ですが、ジャズだったので、サリーがソファに座って、ガウンを着て、ブランデーではなく、ジャーキーを片手に、目をつぶって聴いていてほしかったです。

ジャズドッグ。。。。

なんの話?

ああ、それで、会社に行くときは、さすがにスエットではまずいので、ちゃんとした格好でいきます。

ジーンズにセーターです。

でも、ジーンズでも、ちゃんとしたブランド品です。

たしか、「アルマーニ」というブランドだったと思いました。

今、確かめました。

アルマーニではありませんでした。

「ユニ」から始まるブランドでした。

でも、ダウンは「RL」というブランドです。

飼い主の服装に関するポリシーは、一番目立つ服を高いものにして、後は適当というものです。

全部がお安いものだと、「お安い人ね」と見られるので、一番目に入りやすいところに、少々、お高いものを着れば、あとは「ごまかせる」です。

でも、「RL」もアウトレットで買ったのですが。。。

そんなことはどうでもいいのですが、この会社に行くときの正装?になると、普段、感情を表さないサリーが、興奮します。

毛布噛み噛みが尋常でありません。

しばらくして、サリーがいないので、ふと見ると。

玄関で待っています。

まだ、飼い主の支度が終わっていないと、走って戻ってきて、また、噛み噛みが始まります。

それで、服を着せます。

その前に、今日はどの服を着せるか迷います。

サリーが来たころは、犬に着せる服を迷うとは思ってもいませんでした。

「これ、おととい着せたからなあああ。」

いったい、どうなっているのでしょう?

あれ?

なんでしたっけ?

それで、服を着せて、出勤です。

サリーは、一直線です。

会社着きます。

今日も、ケージに一直線です。

ケージ→おやつもらえる。

が、完璧にすりこまれたのでしょう。

暴れないので、それはそれで、いいのですが、困った問題が。。。

「おやつ」の好き嫌いが。。。

硬いジャーキーです。

無添加のお高いジャーキーです。

お気に召さないようです。

ミルクボーローもだめです。

160227a

会社には、こんなにサリーの「おやつ」があるのですが、すべて、お気に召さないようです。

どうも、やわらいジャーキーが食べたいそうです。

会社にはないので、仕方なしにほっておくと、とても低い声で、唸ります。

先日は、やわらかいジャーキーがあって、それを食べたら、大人しく、「たんたん」とお仕事(ケージの中で寝る)をしていただけたのですが。

「話せばわかる奴」といいますが、サリーの場合は、「(おやつ)を食べればわかる奴」のようです。

犬養首相も、「「おやつ」を食べればわかる」と言っていたらよかったと悔やまれます。

わからない人は「五・一五事件」で検索してね。

どうも、今日は、話が古いようです。

それで、やわらかいジャーキーがないので、ずーっと唸っていました。

飼い主が、会社のパソコンに新しいソフトウェアをインストールしている時、なにか、視線を感じるので、ふと見ると。。。







160227b







160227c

こわい。。。

それで、仕方ないので、近所のコンビニで「サヤ」を買ってきました。

サリーとの関係を「サヤ」に戻したいのです。

あら、またオヤジギャグでした。

でも、飼い主、少々面白くないので、簡単にはあげませんでした。

それで、サリーが大好きな経理の「さとこ」さんです。

以前は、「さとこ」さんが、事務所からほんの少しでもいなくなると、「クーン。クーン。」と泣くサリーでしたが。

今日は、ケージから出て、事務所のドアを見つめていました。

それで、「さとこ」さんが、戻ると。。。。




本当に意味がわかりません。

これは、あの、黒澤明監督の名作、「サリーとさとこさん」を彷彿させるお話のようなきがしました。

知らない人は、検索してください。

なんも出てきませんが。。。。

それでは、今日の教祖様の「ありがたーーーーい。お言葉です。」
















160227d

 

 

......