サリーの悩める小説家(Part 2)

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

 

小説家のサリーは悩んでいた。

160507a

次回作の構想がまったく浮かばないのである。

それで、ふと思ったのである。

自分のことを書けばいいのであると。

いわゆる、私小説である。

自分の生い立ち、今までの犬生を綴るのである。

160507b

「火花とわんこ」

火花は、読者に間違わせて買わせなくてはならないので、どうしても使わなくてはならんのである。

第一章.

私は犬である。

どこで生まれたか、とんとんけんとうがつかない。

毛がぼうぼうで放浪していたとき、埼玉県の動物保護センターに捕まったのである。

それから、ボランティア団体の「アルマ」さんに助けだされ、仮ママさんの「マイクママ」さんのお宅にごやっかいになったのである。

160507c

そこで、マイクママさんに、「サリー」と名付けられた。

マイクママさんのうちにずーっと居られると思ったのだが、変な人が欲しいと言ったそうで、変な人のうちに「ごっやかい」になったのである。

160507d

変な人は、本当に変な人であった。

サリーという名前を、変えてもいいと言われたそうだが、サリーのままだ。

変な人は、名前を変えない理由をぼそっと言った。

「面倒くさい」

変な人は、本当に面倒くさいが口癖で、私が散歩に行きたくても、できれば行きたくないようだ。

こちらも貰われた手前、あまり自己主張してはいかんと、我慢している。

「ごやっかい」になったのだが、変な人も「やっかい」な人のようであった。

ごやっかいになって、しばらくは、おうちに居た。

ベランダで、変な人は、布団をほそうとしたが、天気がよかったので、布団でねっころがっていた。

布団を干すのが「面倒くさい」と言った。

面倒くさい人なのである。

私も、気持ちがいいので、一緒にねっころがった。

160507e

ちょっとだけ、変な人が好きになった。

それから、会社に行った。

見習い社員になったのである。

会社は楽しかった。

経理の「さとこ」さんがいた。

160507f

どうも昔、住んでいたところの、お母さんに似ているので、大好きになったようである。

変な人がそばにいても、経理の「さとこ」さんが気になっていつも見ている。

それで、変な人は、ブログというものをやっていて、私にコスプレをさせる。

160507g

迷惑だ。

160507h

本当に迷惑だ。

160507i

迷惑だが、仕方がない、ごはんとおやつをくれるのだから。

そういえば、放浪している時、おなかが減って、人間にごはんをねだった。

だから、散歩で人間に出会うと、「だしなさい!」をしてしまうのである。

160507j

変な人は、これを面白がって、タオルを作った。

さらに、ハンドタオルを作って、金儲けをしようとしているらしい。

まあ、許そう。

毎日、ごはんをくれるのだから、致し方ない。

「Tシャツとか、コーヒーマグとかどうかな?」

「大儲け」

とかいう会話も聞いたが、意味は分からなかった。

それで、調子にのった、変な人は、私を使って、変な団体を作ったのである。

160507k

私は、知らないあいだに、教祖様になってしまったのである。

犬として生まれ、放浪し、助けられ、見習い社員になり、教祖様になったのである。

波乱万丈の犬生と言えるのではないだろうか?

🔴
🔴
🔴
🔴
🔴
🔴
🔴
🔴
🔴
🔴

サリー先生:「力作ですよ。もう最高作。」

編集者:「。。。。。。。。。」

サリー先生:「あれ、どうしたの?感動して言葉がない。」

編集者:「また、今度お願いします。」

サリー先生:「え?だめなの?純文学はやはり難しいかな。」

編集者:「そういうことではなく。」

サリー先生:「それじゃ、ミステリーかな。」

編集者:「。。。。。」

サリー先生:「ミステリー得意なんだよ。実は今書いているんだよ。」

編集者:「。。。。」

サリー先生:「サリー警部の事件簿というの。教祖様が誘拐されるの。」

編集者:「それで犯人は?」

サリー先生:「。。。。。。」

160507l

 

特定非営利活動法人アルマ・犬の里親募集

-------お知らせ-------

■掲載希望応募ページ
教祖様の信者の方のワンちゃん、ねこちゃんの写真を募集しています。
里親募集にもぜひ活用ください。
内容や写真の状態によって必ずしも掲載できるかお約束できませんが、ご興味のある方はぜひご応募ください。
http://salliethewan.com/mydog/

■サリーのFacebookページ。
更新のご連絡など、教祖様の「ありがたーーい、お言葉」とともにお伝えしていきます。
https://www.facebook.com/salliethewan

 

— 広告 —


サリーの悩める小説家(Part 2)」への16件のフィードバック

  1. サリー先生の私小説ですね~♪
    放浪の旅を脚色して出版したら涙を誘いますよ。
    預かり日記をコペピでも変わっていく姿に涙して!
    見習社員の生活も皆さんの羨望を!
    変な人!との生活で爆笑ですね~(笑)
    教祖になって沢山の人とワンコを導いて!
    政界に打って出て保護犬界のカリスマに為るのですね~♪

  2. 泣笑。
    じんわり、くすくす。

    最近考えたりするの
    です。
    ちび達はどんな所で生ま
    れてどんな風にしてペット
    ショップに来たのか。
    お母さんはどんな仔で
    今どうしてるか。
    ちび達は今、
    どんな気持ちでいるのか。

    なんとなく、いいよ。
    と思ってくれてるかな。

    やっぱり
    サリーブログいいなぁ。
    笑顔になれます。

    1. ペットショップで買われても、拾われても、今が幸せなのでは無いでしょうか?よくわかりませんが。。。
      どうしても、最後に笑いを取ろうとしてしまいます。
      変な人です。

  3. 初めまして。もうすぐ13歳になるトイプーらむの飼い主です。ガウガウで俺様で男前だけが取り柄の愛すべきおバカちゃんです。毎日楽しみに拝見しているブログが1位になり、嬉しい反面、応援していたインディーズバンドがメジャーデビューし遠くへいってしまうような一抹の寂しさを感じたりして・・これからも毎日ポチポチしてステキなサリーくんと飼い主さん応援してます!!

    1. 13歳で、元気、いいではないですか。
      羨ましいです。
      1位。
      連休だと順位が上がるんです。
      他の方達が更新しないからだと思います。
      まあ、こちらは一発屋でーす。
      順位はどうでもいいんです。
      おバカブログですが、目的は寄付ですから。

    1. ありがとうございます。
      でも、少し恥ずかしいです。
      初めて見た人はどう思うのでしょう?
      なんだこれ?
      はずかしい。。。
      穴があったら、埋めたいです。
      ちがった?

  4. ブログ見てるかたにお願いです。
    どんどん[初投稿]して【ポチしてるよ!】
    カミングアウトして頂ければ嬉しいです。
    教祖様、サリーちゃんいちファンより。 

    1. ありがとうございます。
      初投稿お待ちしております。
      しかし、教祖様の誘拐犯人は誰なんでしょう?
      思いつきません。
      困った。

  5. 今日もGW後半の超大作ですよ(^_-)-☆
    教祖様誘拐はサリー先生の「サリー警部の事件簿」の作品内ってことですかね。
    私小説ではサリー=教祖様?クスクス。
    なんでもいいんです!(*´ω`*)
    『ちょっとだけ変な人が好きになった」の一文がグッときました!
    最後のまたきまーすの写真…眼鏡探してた時のですよね!ツボです(*^-^*)

  6. 今日も傑作だぁぁぁ~~~~!!!!!
    読み応えありました。
    感動巨編でしたね。
    朝ドラでやって欲しいです。

    遅ればせながら1位おめでとうございます。
    信者としては紅白まんじゅう配りたいほどめでたい気分です。
    とりあえず明日は赤飯ふかして勝手に祝います。。。。

    1. あら、そうですか?
      ありがとうございます。
      1位は、すぐに脱落しますよ。
      順位はどうでもいいのです。
      でも、お赤飯嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA