サリーと迷探偵?

— 広告 —

160213top

私は、読書が好きです。

いっぱい読みます。

特に、推理小説が好きです。

小学生の頃に、ポプラ社(懐かしい!!)のシャーロックホームズを図書館で読みました。

その後、江戸川乱歩の「少年探偵団」を読みました。

ふふふふ。

ポプラ社、「ホームズ」、「少年探偵団」で共感した人は、昭和生まれです。

「私は、赤毛のアンでした。」と言われると。。。

「男子。ちゃんと掃除しなさい!」と怒られそうで、このお話はここまでです。

それで、なんの話かというと。。。

推理小説の好きな、迷探偵の飼い主は、サリーの過去に疑問を持っていました。

サリーが拙宅に来た経緯は、

毛がぼうぼうで、「ほうろう」していた時に、埼玉県の保健所に保護され、ボランティア団体の「アルマ」さんに助けられ、

更に、仮ママさんにお世話になって来たのです。

それで、サリーが保健所に保護された時の写真をよくよく見返すと、幾つかの疑問が浮かびました。

ここらが迷探偵の推理の見せどころです。

出来れば、助手の「ワトソン君」が欲しいところです。

仕方ないので、サリーを「ワトソン君」にしたいと思います。

それでですね。

サリーが保健所に捕獲?された時の写真です。

160213a

おかしいと思いませんか?

毛がぼうぼうです。ロッドスチュアートです。

すいません。

それを言ったのは私です。

毛がぼうぼうで「ほうろう」していたのね?

でも、今時、犬が「ほうろう」しますか?

あの、野良犬?が歩いているの、見たことあります?

「ほうろう」していて、毛が伸びて、捕獲されたのでしょうか?

「ほうろう」していたのは事実です。

ただ、そんなに長い間、「ほうろう」していたのではないのではでないか?

仮説として、元の飼い主が、飼育放棄。。。。

いえいえ、「しつけ」が厳しかったのではないでしょうか?

「ワトソン君。君はどうおもうのかね?」

「ホームズ(ホームズになってしまいましました。話の便宜上、ホームズで続けます)。どうして「しつけ」が厳しかったと思うのかね?」

「つまりだね、君はうちに来てから、ほえたことがないだろう。」

「そして、嬉しいと、声を押し殺して毛布を噛んで嬉しさを表現していただろう。」

「それは、まさに、子供のころにほえたら、厳しくおこられたからだよ。」

「。。。。。。」

「しかも、君は、朝、私が起きても、散歩に行けと騒がず、静かに毛布を嬉しそうに噛んで、その嬉しさを表現しているではないかね。」

「。。。。。。」

「そこから推測するに、君は、子犬の頃からほえると、しかられたのだよ。」

「さらに指摘するとだね。君は、うちのような運送会社か、あるいは、工場で飼われていたのだよ。」

「ホームズ。どうしてそう思うのかね?」

「簡単なことさ。君は、作業服を着ている人が大好きではないかね。」

160213b

「それに、フォークリフトを見ると興奮するしね。」

160213c

ワトソン君は、黙って記憶をたどっているようでした。

160213d

「それに、君が飼われていたところは、女性が働いていて、その人が可愛がってくれたのだよ。」

「あるいは、その女性が飼い主だったのかもしれないね。」

160213e

「どうかね。ワトソン君。」

サリー・ワトソン君は無言でした。

「それでだね。」

「ひとつ、とても大事なことを指摘しなくてはならないのだよ。」

「私が、ちょっと買い物にでかけて、帰ってきたときだよ。」

「頂いたジャーキーの袋。」

160213f

「テーブルの上に置いておいたジャーキーの袋。」

160213g

「床に落ちていて、かじられていたのだよ。」

「わたしじゃない?」

「ふふふふ。私は全てわかっているのだよ。」

「犯人はこの中にいる!」

「犯人は。。。。」

「犯人は。。。」















「お前だ!」

160213h

じっちゃんの名にかけて!

あれ?

160213i

逮捕!

 

 

— 広告 —


8 thoughts on “サリーと迷探偵?

  1. ホームズ・ワトソン
    飼い主さん・サリー
    うーん。迷コンビ⁉️

    サリーちゃんの来し方
    を巡る謎も、迷探偵の
    緻密な観察で明らかに
    なってきましたね。

    ここで一発。
    今時野良なんていない
    犬猫は既に野生動物じゃ
    ない。人間が改良して
    しまった。もし放浪してる
    野良が居たら人間がしたこと。
    捨てるのも人間。
    でも救うのも人間。

    今、サリーちゃんは
    ヘソ天で鼾かいて寝てる。
    いたずらも出来る。
    良かったねーサリー。

    ジャーキー袋開かなかったの?
    次回頑張れ‼︎

    1. いや頑張ったら困るんですが。。。
      今日、布団を干そうと思ったら、布団のなかに、食べかけのビスケットが。。。
      本当に困るんですよね。。。

  2. 切ないですね…。サリーちゃん、保護されたときの足も痛々しい?
    でも、「ワトソン君は、黙って記憶をたどっているようでした。」「グーグー」ので笑ってしまいました?

    1. 自分で書いてて笑いました。
      なんとなしに、推理あたっているような気がしてます。

    1. あれ?
      金田一少年の事件簿のつもりだったのですが。。。
      まあ、サリー。泥棒しようとしていたので、いいのか?

  3. あー。金田一少年は読んでないなぁ。
    そうでしたか。
    金田一耕助(石坂浩二の時代)しか知らないし(/–)/

    1. 実は私も読んではいないのです。
      TV番組を見ていました。
      狭く、浅い知識です。
      へへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください