サリーの不思議な習慣(Part 6)

サリーの不思議な習慣(Part 6)

サリーの不思議な習慣をお伝えしてきた、このシリーズ。

このお話は、どうしたものかなああ。

と思っていました。

恥ずかしいのです。

皆さんに笑われそうで。

既に、笑われている?

薄々、感じてはいました。。。

それで、なんの話かと言うとですね。

私は、トイレに入る時、トイレのドアを閉めません。

閉めるのが面倒だからではありません。

ドアを閉めると、サリーが外で、吠えるんです。

近所迷惑です。

仕方ないので、開けているのです。

ですが、独り者なので、全く気にしていません。

実は以前、飼っていた猫も同じでした。

ですから、開けていました。

気が付けば、私は18年以上、部屋ではトイレのドアを開けていることになります。

外出先でよくドアを閉めるのを忘れないものだと、自分で自分を褒めてあげたいです。

それで、これからが本題です。

サリーは、私がトイレにいると、トコトコと歩いてきて、チラっと顔を出して、トコトコ戻っていきます。

 理由はわかりません。

 玄関が近いので、散歩に行くのかと思っているのかもしれません。

 すると、目の前を、サリーが尻尾を立てて、左から右へ通りすぎます。

 すると、今度は、右から左へ通ります。

 すると、今度は、再び、左から尻尾を振りながら、右へ行きます。

その時、チラッとこちらを見ます。

 全く、意味がわかりません。

それから、もうひとつのサリーの不思議な習慣ですが。

サリーは散歩に行くとき、興奮するとお伝えしました。

毛布を噛んで、30分くらい、その状態でいます。

散歩の時、もうひとつ不思議な行動をとります。

服を着させてくれないのです。

興奮して、暴れて、服を着ないまま、玄関に走ります。

「これを着ないと、散歩にいけないのだよ。」

と、言うと、かすかに理解したのか、着ようとしますが、頭をとおしたところで、また、暴れて部屋中走り回ります。

160123a

それで、半裸?で、何故かごはんを食べに行きます。

160123b

散歩には行きたくないのでしょうか?

160123c

160123d

このあと、また、毛布を噛んで、20分でした。

 

— 広告 —


サリーの不思議な習慣(Part 6)」への4件のフィードバック

  1. ⁉️⁉️
    トイレのお話しですが、同じです。
    びっくりしました。
    ドアを閉めると怒ります。
    私もかなり恥ずかしいです。。。

    お散歩前のお話しは、
    なんででしょう。
    興奮してくるくるしてる所に
    ご飯があったから食べちゃった。
    て感じでしょうか?
    半裸で走り回るは、プー太も
    します。

    でも、飼い主さん
    サリーちゃんの儀式を待ってて
    あげるんですね。
    優しいです。

    1. え!そうなんですか!
      前の猫とサリーだけかと思ってました。
      しかし、開けていると、前をルンルンと何回も横切るのがわかりません。

      儀式を終わるのを待つのは、無理矢理、服着せると怒るんです。

  2. 私もびっくりしました。
    一緒だ!と叫んでしまい
    ました。

    そろーっとトイレに行くの
    ですが、バレます…
    覗きこんで必ず左側から
    匂い嗅いで、
    チラ見して出ていきます。

    書いてて汗出てきました。
    恥ずかしいです。

    なんででしょうね?

    1. 監視しているのではないでしょうか?
      サリーは、炬燵の中で寝ていて、暑くなったのか、出てきて、私をチラと見て、また炬燵に入ります。この繰り返しです。
      それで、私がトイレに行くと、探しにきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA