犬にクリスマスプレゼントは必要か?

昨日は、25日でした。

クリスマスでした。

「クリスマスは誰にもやってくる♪♪♪♪」

ユダヤ教徒やイスラム教徒に来ても、対応に困るだろう。

と悩んでした私です。

宗教の英語とはRiligionで、ラテン語のreligionから派生したもので、、religionは再びということから来ていて。。。。

と、このネタのためネットからコピペしました。。。。

さらに、マックスウェーバーが、と書きたかったのですが、この人が誰でなにをした人なのか、よく知らないので(ふと、頭に浮かんだだでけです。)、あとはごにょごにょにしておきます。

で、私が言いたいのは、犬にクリスマスプレゼントは必要か?

ということです。

もちろん、犬は今日がクリスマスであるということは知りません。

クリスマスに犬にプレゼントをあげても、「わー!クリスマスプレゼントだ!!わんわんわん!!!」と、喜ぶことはありません。

あれ?

もしかして、寝ている犬の枕元?にプレゼントの犬のビーフジャーキーを置く人もいるのかもしれません。。。

ちょっと、まずいなあ。。。

で、ですね。

もし、犬にクリスマスプレゼントをあげる人がいたとしたら、その目的はなんなんでしょうか?

ということなんです。

ということで。

会社に行ったら。

151226a

見習い社員のお席に。。。

「うん?これはなーに?」

サリーの大好きな経理の「さとこ」さんからのプレゼントでした。

私へのではありません。

サリーへのでした。

可愛いクリスマス用の包装紙で包まれていました。

本来なら、プレゼントを頂いたサリーが、開けるべきでしたが、サリーが「開けなさい。」と訴えるので、仕方なく、私が包装紙をあけました。

ちなにみ、包装紙はまた使えるかもしれないので、綺麗にたたんで、箪笥の一番上の引き出しにしまいました。

ちなみに、この意味ががわかる人は、昭和生まれです。

で、なにかいうと、写真を撮るのを忘れたのですが、なにか「だるま」のようなかたちで、小さな穴が開いていて、中に「おやつ」を入れて、犬がおもちゃ代わりにして遊ぶと、そいつはまるで、「起き上がりこぼし」のように、起き上がって「おやつ」が出てくるという物でした。

犬を飼っている人は御存じかもしれません。

それで、「おやつ」を入れて与えてみました。

大変、気に入ったようで、ずーっと遊びました。

それで、「おやつ」がなくなり、仕方ないので、取り上げ、補充していると。

大好きな「さとこ」さんはもうどうでもいいようです。

151226b

もう夢中です。

151226c

結局、見習い社員様用席でずーっと喜んでいました。

経理の「さとこ」さんは、「ワンちゃんの遊べて、学べるおもちゃみたいですよ。」

と言ってましたが、本当は。。。

「サリー、うざいので。。。」と思っていたような気がしています。。。

(嘘です)

今回の結論です。

犬はクリスマスプレゼントの意味は分かっていません。

でも、静かにさせる効果はあるようです。

それと、「だるま」はサリーの唾液で、ベトベトになります。

気持ち悪いです。

これの製造を許可した部長さんに、なぜ製造のゴーサインを出したのか、訊いてみたいです。。。。

— 広告 —


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA