サリーの秘密

見習い社員のサリーを撮った写真を整理していたら、こんなのが。

151130a

うちに来てしばらくたって、髪が(犬の場合、髪というのでしょうか?)伸びてしまって、トリミングに行きました。

犬、飼うのも初めてなので、トリミングに行くのも初めて。

近所にトリミングのお店があるので、予約して行きました。

トリミングって時間かかるんですね。

朝の9時行って、「お昼には終わりますよ。」とトリマーさんに言われ、

「そんなかかるの?」

お値段は?

「7千円(税込み)」

なんで飼い主の床屋代より高いのだろう。。。

悲しい。。。

それで、待合室みたいなところで、座って本読んでいたのですが、犬を連れた男性が現れ「じゃあ、お願いします。3時間後に来ます。」

あ!そうなの。。。

トリマーさんに犬を預けるのか。で、後で連れに来るのか!

そういうシステムなのね。

恥ずかしい。。。

もう一時間も待合室で座っている。。。

しかも、トリマーさんが、若い女性3人で。

151130b

「まずい。ここで待っているいると、可愛い女性目当てなのね」と思われかねない。。。

どうしよう。。。。

それで、「あ!すいません。急用があって、後で来ます!」

と、店を後に。

しかし、なんで犬のトリミングでこんなに焦らなくてならんのだ!

と思いながら、公園を所在ないげに、ブラブラ。。。

それで、完成!

151130c

いい男じゃん。

それから、散歩にいく度にお店に立ち寄ります。

相当、気持ちよかったんでしょう。

151130d

まあ、朝5時じゃあ開いてないよね。

なにを言いたいかと言えば、サリーは捨てられたのかわかりませんが、毛がぼうぼうで放浪していた時に、動物保護センターに保護されたんですね。

で、ボランティア団体のアルマさんが助けていただき、このブログにリンクされている「向日葵の家」のマイクママさんが仮親になっていいただき、某大手出版社の友人になかば強制的に紹介されて(嘘。。。半分だけ)うちに来たわけです。

だから、何が言いたいかと言えば、サリーの毛がぼうぼうになった時の写真をみて、思い出したんです。

151130e

まあ、色々とご意見、ございましょうが、うちに来た時は、こうだったからいいのではないでしょうか?

top_main_photo1

マイクママさんに感謝です。

ただ、知り合いに保護された時の写真を見せたら。。。

「可哀そう。。。」

「なんで、こんなことする人がいるんだ。。」

たくさんの同情や怒りのコメントをいただきました。

ただ、一人、心無いコメントを言った人がいました。

「ロッドステュアートみたい。。。」

私は、大人です。

心が広い人間です。

だから、怒りませんでした。

なぜなら

それを言ったのは、私だからです。

サリー、すまん。。。

— 広告 —


サリーの秘密」への4件のフィードバック

  1. 表情が全然違いますね~。
    サリー君、良かったですね。
    そしてサリーパパさんも良かったですね。
    トイプードルは毛が伸びるのが速いそうですから、これからも正当な名目でトリマーさんに会いに行けます。眺めに行けますヽ(^o^)丿

    なーんちゃんて。

  2. コメントありがとうございます。
    サリー、以前はトリミングショップの前を通ると、必ず立ち止まり、トリマーさんが手を振ってくれたのです(私にではありませんよ。あたりまえか。)。しかし、最近、サリーは店の前を素通りします。ちょっと、面白くありません。

    1. ロッドステュアートご存じない。
      ショックです。
      年の差を感じます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA